サービスの特徴

婦人

総量規制対象外という言葉は、カードローンの使ったことがある方も聞いたことがあるでしょう。この総量規定対象外とは、平成22年から施行されたもので多重債務者を減らす目的から生まれたものです。そしてカードローンから受けられる融資は年収の3分の1までしかできないといった規制が現在も実施されている状況です。そのため、年収が300万円ある場合だと借入できる額は100万円までになり、これより上をいく年収が400万円だとおよそ130万円の借入が可能となります。この決まりを総量規制といいますがこれは賃金業法の内容になるため対象者は貸金業者だけになります。ここでいう賃金業者は、クレジットカードやキャッシングになります。

総量規定対象外カードローンのメリットは、収入がゼロの専業主婦でも融資が可能であることです。条件として配偶者に安定した収入があるかどうかが審査規準になりますが、総量規定対象外のカードローンを扱う銀行系であれば、専業主婦でも簡単に審査を通過することができます。ただし、この総量規定対象ができてから専業主婦の借入に大きな壁が立ちはだかったのは事実です。この制度のお陰で悩まされた方もおられるでしょう。しかし、消費者金融ではダメだったカードローンの審査も、銀行のカードローンなら総量規定対象外で借入ができるようになったため、今非常に多くの人が利用しているのです。

総量規定対象外カードローンの魅力は、金利が低くなることと審査によっては収入の3分の1以上の借入が可能であることです。他にもおまとめや多くのローンで使える他、借り換えも可能となっています。さらには収入証明書なしで融資が受けられるので手続きの面倒が省かれるでしょう。

Copyright© 2017 キャッシングで上手に大金借りる!〜優良ローン選別ナビ!〜 All Rights Reserved.